スポンサーリンク

コンプガチャに潜む闇と問題

ゲーム運営会社にゴミムシ的な犯罪者のような、詐欺師のような奴がいた事実があるようなんですね。ゲーム運営会社がユーザーを欺く行為を行ったときに必ずといっていいほど話題となるというか、引き合いに出されるのがコンプガチャの問題です。

 

コンプガチャとは略語で実際にはコンプリートガチャという名称がついています。

 

簡単に説明すると有料のレアガガチャでレアカードやレアキャラを複数集めきる、揃えきる(コンプリートする)ためのガチャの事をいいます。

 

この違法という判断が下された問題にかかわっていたのはプラットフォーム会社としては有名なグリー、DeNA(モバゲー)ですし、そのプラットフォームにゲームをリリースしていたバンダイネットワークなどのサードパーティと呼ばれる他の複数のゲーム会社もかかわっていました。

 

コンプリートガチャの内容

僕は当時はゲームをしてなかった時期なので実際にグリーやモバゲーのゲームはしてませんでしたが、どういった仕組みのものかというのを簡単に説明していきます。

 

実際にはゲームによって細かい内容は変わってきます。ここではコンプガチャの問題を理解してもらうために概念みたいな感じの説明をしています。

 

まず有料のガチャで揃えるべき対象のキャラ(レアカード)が何体か用意されます。例えばここでは5体(もしくは5個)とします。

 

有料のガチャにはキャラが20体いて、そのうち5体がコンプリートすべき対象のキャラであるとします。5体全て集めきったら報酬(ご褒美)として強いキャラ(レアカード)がゲットできるというものです。

 

というかこれの何が問題なの?

 

と思う人もいるかもしれません。実際に今となっては違法なのですが、表面的な問題を解説してみたいと思います。

 

当たりカードが限られている場合

まずこの有料のガチャをひくのが1回300円とします。するとコンプリートすべき5枚を集めきるのにどれくらい課金が必要かを考えてみます。ちなみに対象のキャラは20体ですが、当たりといえる5体が当選する確率は仮にですが1回の抽選で10%とします。

 

まずは10%の当たりに当選して、そして次にその当たりの中から5体のキャラに振り分けられるとわけです。

 

ま~宝くじの1等を当てれるような人なら5回で揃えれる可能性があるかもですね。

 

1500円ですね。

 

この金額だとま~問題はないと誰もが思いますが、神運以上の運が必要なわけです。

 

実際にこの条件でどれくらいの課金が必要なのかをネット上のシミュレータを使わせてもらって試してみると対象の5体を全て揃えるのに70回~100回くらいは有料のガチャを引く必要があるようでした。

 

21000円~30000円あたりですね。

 

分布的にはこのあたりが多いのかもしれませんが、もっとお金がかかったり、もうすこし少ない金額で集め終われる人もいるわけです。

 

対象がすべて当たりカードの場合

ちなみに同じ有料のガチャをひくのが1回300円とした条件で20体中にコンプリート対象が20体の場合だと、ハズレは一切なしの条件になりますが、その場合でも神運があれば20回で全て揃えれる計算です。

 

この場合のガチャにかかるお金は6000円です。

 

ま~なんとか妥当といってもいいかもしれない金額ですが、実際は1度当てたキャラを2回引いても意味がないわけです。するとこのケースでのコンプリートにかかる平均回数は、ネット上の確率の計算式を組み込んだシミュレータを使うと71回ほどになります。

 

21300円となり結構きつくなってきます。

 

しかもこれは期待値というか平均値といえるので人によっては100回で集めれたとしたら30000円です。結構つらいですね。

 

とはいえ、これくらいの金額であれば結局は許容の範囲であるかなと思う人も多いはずです。でも実際には消費者庁が見解を出し、大臣まで会見してますので何が問題となって、どういう結果になったのかもお伝えしてければと思います。

 

キャラを全て集めたいという気持ちの射幸心を煽るという部分で少し問題なところはあるかと思います。そして結局は金額の部分でも社会的に問題となってくるわけです。

 

どんな問題にどういった対応がされたのか

まずグリーやDeNA(モバゲー)はガラケー時代にブレイクしていたゲームプラットフォームです。当時は子供が親の携帯やクレジットカードを勝手に使って高額請求が後から来ることに消費者庁に苦情が来ていたようです。

 

昔にあったダイアルQ2みたいな展開ですね。哀

 

ま~これはお金の管理の問題ともいえますが、景品表示法で射幸心を煽る事は規制されているわけですから問題となる部分もあるわけです。

 

ヤフー知恵袋でも旦那や妻が依存しすぎて家庭が危機にという相談も多数ありました。これは個人の問題でもありますが、射幸性の部分で景品表示法で対応されるべき内容もあったのかもしれません。

 

そして金額的な問題として掲示板などでは何+万とか百万単位のお金を使ってコンプリートできなかったとかの話題が上がりだしていたんですね。金額的にここまでくると異常な状態といえるかと思います。

 

  1. 2012年5月5日、消費者庁がコンプリートガチャを違法(景品表示法違反)であるとして、ゲーム会社に注意を喚起する方針であると報じられた
  2. 2012年5月7日、株式市場において「コンプガチャショック」が起きる
  3. 2012年5月8日、松原仁消費者担当相はコンプリートガチャが景表法違反の「可能性がある」と述べた
  4. 2012年5月9日、グリー、DeNA(モバゲー)ともにソーシャルゲームでのコンプリートガチャを終了する方針を発表
  5. 2012年5月18日、消費者庁はコンプリートガチャならびに類似サービスは景品表示法(カード合わせの手法)に抵触することを明言

 

という事でいろいろな問題からコンプガチャは景品表示法(カード合わせの手法)に引っかかるという事になって違法という事になったわけです。おそらくここでゲーム会社が裁判で争っていれば結論は先送りされたでしょうけど、法律上のお咎めはなかったんじゃないですかね。

 

株価は一気に下がって社員や派遣をリストラすることにはなったのでしょうけど・・・。

 

では100万以上使ってもコンプリートできなかった人は・・・これが運なら仕方ない事ですが・・・。

 

隠されている深い闇

実はコンプガチャにおける本当の問題は何一つ表には出ず、解決もせずに幕を閉じたんですね。

 

確かに射幸心を煽るような事があり、カード合わせの手法にひっかかるような事はあっても金額的にも数万程度であれば、ここまでの事態にはならなかったはずです。

 

そもそも違法性はないとかの見解もあったにも関わらず全運営会社が足並みを揃えて「コンプガチャ自主停止」していく形に・・・。

 

これは何か・・・。

 

そしてネット上では100万や200万使ったにも関わらずコンプリートできなかったとの報告が多数・・・。この金額は好きなことにお金を使えるカリスマトレーダーの「cis」氏とかだけでなく、一般的な人の全財産を使うような事例もあったわけなんです。

 

ガチャに不正がなかったら自己責任というか、好きなことにお金を使うことに何も問題はないのですが・・・問題は起きていたんですね。

 

実はガチャにストッパーや門番と言われている確率操作されたキャラが存在して、コンプリートさせれなくするような現象が事実として検証されているわけなんです。

 

賭け事とかで例えるとイカサマというやつです。

 

参考)http://kultur2.blog.fc2.com/blog-entry-2813.html

 

今の時代は匿名での告発があります。その告発が嘘である事もありえますが、廃課金者の特定ユーザーのガチャ確率を自慢しながら操作しているのを聞いたことがあるみたいなコメントも見かけたりします。

 

本来であれば詐欺罪で立件して犯罪者のような確率0%を決めた担当者と責任者、会社の代表を裁判にかけるくらいの事をしてほしかったと思います。こういったことをメディアは報道しないですし、消費者庁はどうしてうやむやにしたんでしょうかね・・・。

 

 

いつものように無能っぷりを全開にして見逃したのか、何か接待みたいなものでごまかす事をしたのか・・・。

 

 

僕は子供を騙す悪質なポイントサイトを許せませんので、このサイトで騙される人を減らせるようにと記事を作っていました。でもゲーム運営会社にも犯罪者のような人間はいることもわかりました・・・。

 

ではゲーム自体は楽しいからといって、そういった事実を自分は知りながらお伝えしないのはどうかなと思って記事にしています。

 

そして上場企業といえども立件されていないだけの詐欺師のような、犯罪者のような人間は存在しているという事です。でも真面目に楽しいゲームを作ってくれている人もいます。だから全てを否定はできないなと思います。

 

これは僕としてはさんざん公金横領してきた取り締まる側の組織を不快に思っていた事とも関係します。ゴミムシは公的機関にもたくさんいて、組織犯罪をしてきたわけです。その中でもある程度マジメにやっている人はいるわけですが、これは当然の事なのでほめれたことではないです。当たり前のことです。

 

ただ・・・公的機関の組織犯罪や不正を告発して自分が冤罪的な罪を負わされた人もいるし、すごい勇気のある人もいます。ここまでくると批判されるような要素はほぼなくなりますし、実際に僕にできるかというと無理かもしれません。

 

という事で腐敗している組織であっても、少なくとも全員ではないであろうという事は頭の片隅に入れておく必要があるんだという事を心にきざむ必要があるなと思っています。

 

ま~ちなみに僕の作っているホームページを脱法リライトしている奴らや嘘や煽りやヤラセ誘導している専業もゴミムシとは思ってます。

 

といった感じで通称ではコンプガチャ、正式な名称はコンプリートガチャについての説明とか思ったことを紹介してみました。

スポンサーリンク


こちらの記事もどうぞ

スマホゲームはなぜ(何で)無料で遊べるのか?
スマホゲームは楽しくて面白い素晴らしゲームがいろいろありますが、スマホゲームが何で無料(なぜ無料)で遊べるのか?が気になる人も多いと思います。ここではなぜ無料で遊べるかの疑問に答えるために、その仕組み的な部分から説明して解説していきます。
スマホゲームのチートについて
スマホゲームではチートという行為が存在し、たくさんのユーザーやゲーム制作会社が迷惑をこうむっています。アプリ規約では禁止され、違法性の高いチーと行為について何が問題なのか、どうすべきなのかをまとめてコラムにしています。
スマホゲームの垢BAN
スマホゲームではユーザーアカウントが停止になる事を垢BAN(アカバン)と呼びます。チートなどの行為や他のユーザーへの迷惑行為によって起こりえます。アプリの利用規約にそってゲームを楽しんでいく必要性についてまとめています。
無課金から廃課金まであるスマホゲームの課金の種類
スマホゲームは無料で遊べるものが多いですが、基本プレイが無料のスマゲであれば課金する人も結構います。楽しみ方は人それぞれですし、課金する人がいるから無料で遊べる人もいます。それぞれの課金の仕方について分類して分析してみました。
iPhoneアプリが消えた場合の原因を探る
普通にスマホのiPhoneを使っていて、ある日突然アプリが消えたなんてことが現実に起こり得るのです。一体どういった時にどういった原因でそんなことが起こるのかと、悲劇が起こった時にどうするかの対処方法などについてまとめてみました。