スポンサーリンク

iPhoneアプリが消えた場合の原因を探る

普通にiPhoneなどのスマホを使っていてるとアプリが突然消えるなんてことは無いと思います。僕もiPhone5Sに機種変してから半年くらいは何事もなく使ってました。

 

でもある日突然に事件は起きました。

 

 

アプリが思いもよらぬ事で消えたんです。

 

 

実際に僕に起きたアプリの消失事件の内容について結論を先に述べておくと、胸ポケットにiPhoneを入れていたら、それだけで消えました。

 

何故アプリが消えたのか

どうして胸ポケットにiPhoneを入れていただけでアプリが消えたのかですが、その原因と状況を整理したのでまとめてみますね。

 

2016年6月25日(日)に僕のとても大事にしていた「にゃんこ大戦争」「ブームビーチ」「消滅都市」のスマホゲームが消えました。その日はとある講演に招待してもらって、とてもためになるお話を聞けて感動に打ち震えながら帰宅しました。

 

帰宅してiPhone5Sを胸ポケットから取り出すと・・・

 

全アプリアイコンに×マークがついてブルブルと震えていたんです。嫌な予感がして調べてみるとスマゲが消えていました。もしかしたら今まで全く使っていなかった存在すら覚えてないアプリも消えていたのかもしれません。

 

なぜこんな事が起こったのかを考えてみました。当時、かなり気温が高く熱いにも関わらず小物をポケットにいれるためにジャケットを着ていたのです。そして講演会場でたまたまスマホを取り出して操作して、胸ポケットに入れて帰宅しました。

 

どうやら節電状態に入らずに、胸ポケットの中でずっと操作が行われていたようです。夏で僕の体温や湿度など、タッチパネルに反応する条件が本当に偶然にも整っていたとしか考えられません。

 

帰宅して胸ポケットからiPhoneを取り出した時に×マークがついてブルブルと震えていた事を考えると間違いなくタッチパネルを操作する状況が出来上がっていたはずです。そして3回以上アプリを消すといった誤動作というか予期せぬ動作が繰り返されたわけです。

 

もしカバンにスマホを入れていたら起きなかった事故ですし、もし講演会場でスマホを操作しなかったり、タイミングとして操作語に節電してから胸ポケットに入れていれば問題なかったはずなんです。

 

対応策はあるのか

あまりにも急にアプリが消えるとどうにもなりません。誤動作とはいえ自分で消しているのと同じ状況を作り出しているわけです。いくつかの考えられる対応策をご紹介したいと思います。

 

カバーやケースを付ける

昔はカバーを付けていたのですが、当時は付けていませんでした。付けていなかった理由はカバーを付けると画面下(端末下部)からのフリック操作ができなくなって不便なのと、カバーが手汗でギトギトに油ギッシュになって洗った後に付けてなかったんです。

 

もしカバーを付けていたら、衣服が液晶に触れる面積が少しでも減ると思いますので、誤動作を防げたかもしれません。

 

スマホゲームはIDをメモする

ゲームデータがサーバーに保存されているゲームは「お問合せコード」や「ユーザーID」などをメモしておくと、何かあったときに運営サポートチームの方達に依頼すればデータを復元してもらえることがあります。

 

ちなみに僕は一切メモを取っていませんでした。泣。

 

ただ、いろいろと問い合わせをしている中で復元してもらう事ができました。ありがとうございます。

 

iOSのバックアップを取る

iPhone全体のiOSをバックアップするという方法も確実な対応策であるといえます。落下による破損での故障や水没によるご臨終にも対応できるのがこのバックアップです。

 

  1. パソコンにバックアップするiTunes バックアップ
  2. ウェブ上にバックアップするiCloud バックアップ

 

2通りの手段があります。

 

胸ポケットにスマホを入れない

タッチパネルが反応を示す状況にしないという予防策です。カバンに入れて持ち歩くというのが確実に事故を防止できる1つの方法と思います。

 

後は必ず節電を確認してポケットに入れるという方法でもいけると思います。僕はパスコードを設定していたのですが、おそらく節電に入る前に胸ポケットにいれたので誤作動が起こったのだと思います。

 

節電にさえ入っていたら、スライドでのロック解除の後にパスコードを入れる操作は絶対に誤作動の偶然の操作では解除はできないはずです。

 

その他のアプリが消える原因

誤動作によって実際の操作によってアプリが消える他にもいくつかの原因があったりします。

 

  1. アプリのバグ
  2. 誤動作でフォルダに移動

 

アプリのアップデート時のバグでアイコンが消えたりすることがあります。他にも何らかの誤動作やバグでアプリアイコンがどこかのフォルダに入ってしまう事もあります。

 

その他の対応策について

もしアプリアイコンがどこかのフォルダに移動しただけの場合は元に戻せばオーケーです。

 

その他の対応策として

 

  1. iPhoneの再起動
  2. ホーム画面のレイアウトをリセット

 

も試してください。メモリ関係で表示がおかしくなっているのであれば電源を落として入れなおす再起動で直ります。

 

ホーム画面のレイアウトをリセットは

 

  1. 「一般」
  2. 「リセット」
  3. 「ホーム画面のレイアウトをリセット」

 

で操作可能です。

 

以上がiPhoneアプリが消えた場合の原因を探るといった内容で解決方法や予防策をお伝えしました。僕としてはiCloud バックアップがパソコンを持っていなくても対策できる一番確実なアプリが消えたときに対応可能な予防策じゃないのかなと思います。

 

後悔先に立たずというように、消えてからでは手遅れになる可能性もあります。しっかりと予防対策をしてください!

 

ちなみに僕に起きた悲劇はiOSのバージョンアップによって誤動作がおきないユーザーインターフェースに変更されました。

スポンサーリンク


こちらの記事もどうぞ

スマホゲームはなぜ(何で)無料で遊べるのか?
スマホゲームは楽しくて面白い素晴らしゲームがいろいろありますが、スマホゲームが何で無料(なぜ無料)で遊べるのか?が気になる人も多いと思います。ここではなぜ無料で遊べるかの疑問に答えるために、その仕組み的な部分から説明して解説していきます。
スマホゲームのチートについて
スマホゲームではチートという行為が存在し、たくさんのユーザーやゲーム制作会社が迷惑をこうむっています。アプリ規約では禁止され、違法性の高いチーと行為について何が問題なのか、どうすべきなのかをまとめてコラムにしています。
スマホゲームの垢BAN
スマホゲームではユーザーアカウントが停止になる事を垢BAN(アカバン)と呼びます。チートなどの行為や他のユーザーへの迷惑行為によって起こりえます。アプリの利用規約にそってゲームを楽しんでいく必要性についてまとめています。
無課金から廃課金まであるスマホゲームの課金の種類
スマホゲームは無料で遊べるものが多いですが、基本プレイが無料のスマゲであれば課金する人も結構います。楽しみ方は人それぞれですし、課金する人がいるから無料で遊べる人もいます。それぞれの課金の仕方について分類して分析してみました。
コンプガチャ問題とゲーム会社の腐敗
ソーシャルゲーム(ソシャゲ)の業界で起こったコンプガチャ(コンプリートガチャ)問題というゲーム運営会社の腐敗した犯罪的な行為がスマホゲームでも起こりつつあり、そのいきさつや何が問題か、どうあるべきかなどを解説していきます。