スポンサーリンク

ヤラセ誘導する業者とASPと呼ばれる広告代理店

なぜ悪質なポイントサイトへ誘導するのか

 

怪しい広告や子供まで騙しているような悪質なポイントサイトがなぜなくなっていかないかについて、その理由を説明していきます。

 

例えばですが少し例を変えてみて飲食店で同じような事が起きたらどうなるかをシミュレーションしてみますね。

 

おいしくない飲食店、いわゆる「味がまずい」お店があったとしたら本来であれば、そんなおいしくないでお店に誰も近づかないわけです。

 

そしてそんな「味がまずい」お店をおいしいといって広めるような人もいないわけですね。するとお店は潰れていくわけですが、これが自然な流れなんですね。

 

でもなぜか今までにも言葉で出てきているヤラセ誘導業者が存在している・・・。そして広告代理店としてネットではASPが存在している・・・。

 

飲食店とは違う部分を説明しますね。

 

ヤラセ誘導が発生する仕組み

優良なポイントサイトの仕組みを説明する時に3者間や4者間で無料でお小遣いが稼げる仕組みがきちんと確立していることをお伝えしました。

 

結局はこのきちんとした仕組みを正しくしっかりと使わずに悪質に使ったり脱法的な事をして子供まで騙しているわけなんですね。

 

広告主(企業)

広告代理店

ポイントサイト

ユーザー

 

いわゆる一つの専業と言われてる業者にもピンからキリまでいるわけです。日本語ドメインで右メニューの本当に知恵の長けた上級者から、人に迷惑のかかる事を何とも思わずやっている専業とかいろいろなんです。

 

ヤラセ誘導には種類は2つあってその誘導の方法やパターンはいくつもあります。

 

お友達紹介制度

これは優良なポイントサイトにも導入されている仕組みで、案件に応募して無料でお小遣いを稼ぐ事以外にも、お友達や知り合いにポイントサイトを紹介してお小遣いを稼ぐという方法です。

 

そして・・・悪質なポイントサイトなのにこの紹介制度があるから、それにのっかるヤラセ誘導の専門業者が子供まで騙したりしているわけなんですね。

 

この紹介制度の方を使っているヤラセ誘導の専業はもちろん悪質なポイントサイトに入会しています。当然、自分も迷惑メールが来たり退会できなかったりもしているわけです。

 

広告代理店の紹介料

このASPと呼ばれる広告代理店もとても悪質なものが多いです。どういう事かというと詐欺師の広告も載せたりするわけです。もしくは見るからに怪しい脱法詐欺の広告を引き受けています。

 

するとその広告を紹介するヤラセ誘導専門業者が出てくるわけです。

 

日本語ドメインで右メニュー系でサイトを作っているヤカラに多いパターンで、「おまいら、セコセコ課金アイテム集めている場合じゃないぞ」といった2chまとめ風に煽って(あおって)扇動(せんどう)してヤラセ誘導している業者が騙すために乗り出してくるわけなんですね。

 

実はいろいろと危険な広告はある

詐欺師や脱法詐欺をやっているような悪質な組織の広告を載せるASPと呼ばれる広告代理店があるのが大きな問題なんですが、これは例えば普通にみなさんが読んでいる雑誌とかも同じことをやっていたりします。

 

例えばですが、

 

「運命を切り開くパワーストーン」
「金運が成就する奇跡のお守り」

 

みたいな商品って見かけたことありませんか?

 

はい。嘘です。100円のおもちゃを1万円とかで売りつけたりしているわけです。

 

霊感商法ってやつです。

 

こういったのは、よほど悪質な被害でも出ない限りはほぼ逮捕されていません。

 

脱法的な悪質な行為で人を騙してお金を稼ぐというのはこういった行為なんです。

 

やっている内容は結局は人を騙して迷惑をかけているので詐欺師達がやっている犯罪みたいなものなんですね・・・。

 

こういった事には単純に引っかかってしまう人もいますし、普段なら引っかからないような人でも例えば身内に不幸があったり、失恋なんかしてショックをうけた精神状態だったら色々な詐欺にあったりするんですね。

 

なので、一概にその人に隙があったっていうような単純な問題じゃない事もあるんです。もしあなたの周りで被害にあった人がいたら少し状況を考えてあげてみる事も必要な事がありますので、この記事を読んだみなさんは、状況によっていろいろ変わるって事を頭の片隅にいれておいてくださいね。

 

詐欺師達、犯罪者が心の隙をついてくるのと同様に悪質なポイントサイトに誘導しているヤラセ誘導の専業の業者も同じ手口を使っています。

 

どういう事かというと、ゲームを楽しみたいって純粋に思って熱中している人達の心の隙をついて煽って(あおって)扇動(せんどう)するわけなんですね。

 

詐欺師の広告や悪質な広告を載せる雑誌や広告代理店、そしてヤラセ誘導でその広告を載せたりお友達紹介する専業の業者、この2つが巨悪の犯罪や悪質な組織を幇助(ほうじょ)している許されない存在であるって事なんです。

 

無料のポイントサイトであっても悪質な運営であれば詐欺師の広告が掲載されて、ヤラセ誘導に誘導されたユーザーは犯罪に巻き込まれるかもしれないわけなんです。

 

詐欺師は警察が逮捕してくれますが、脱法詐欺は立件が難しいですからね・・・。

 

とりあえず悪質なヤラセ誘導にはひっかからない知識を身につけてもらいたいと思います。

 

そして子供まで騙している悪質なポイントサイトをどうやって無くしていくかについてもできるならば考えていく必要があります。

 

無くすか、改善させるかですが・・・。犯罪者の再犯率とかを考えると難しいのかもしれません。

 

自分たちはヤラセ誘導にひっかからない知識をもっていくとして・・・でもその間にも子供たちや知識をまだ身に付けていない人達は騙されて、怒り、哀しんだりするわけです・・・。

 

他にも何かできる事はないのか・・・。

 

⇒ 子供を騙す事に加担する広告主

スポンサーリンク


こちらの記事もどうぞ

悪質なポイントサイトの手口
悪質なポイントサイトなど誰も入りたいと思いません。詐欺に引っかかりたい人がいないのと同様に、じゃ~まじめにやっている人を騙して落とし入れる手口とうのが存在します。悪質な許されない行為ですのできちんと理解しひっかからないようにしてください。
詐欺的で怪しいポイントサイトの特徴
怪しい悪質なポイントサイトがおこなう入会させる手口の他に、そもそもシステムの特徴が優良な運営会社と詐欺的な運営会社で大きく違うという事です。これは他のジャンルでも言える事なんですが、悪い事を考える会社とまともな会社は仕組み自体が違います。
悪質なポイントサイトに広告を出す広告主
悪質なポイントサイトには悪質な広告主や詐欺師、脱法詐欺をしているような会社が広告を出す可能性もあり、それをチェックしたりするような事はおそらくありません。一方で普通の企業までもが子供を騙すポイントサイトに広告を出しているのです。
狡猾にヤラセ誘導する専業業者の手口
実は専業と呼ばれるヤラセ誘導している業者には一見して見ると、優良なサービスや会社を紹介しているのですが、実は中身はゴミのようなことをしている場合もあるんですね。僕は実際被害にあったのでいろいろと説明していきたいと思います。